院長 写真

院長 角谷 剛史 / かどやたけし

はじめまして。
名古屋の桜の名所・石川橋にある「はり灸マッサージ院 牡丹(ぼたん)」の院長をつとめている角谷剛史(かどやたけし)と申します。
石川県・山代温泉にある旅館の長男として生まれ、今は名古屋で治療院を営んでいます。不思議なご縁ですね。
2009年から9年間は、鶴舞線の川名駅の近くで、弟と一緒に「コスモス治療院」という鍼灸整骨院をやっていました。

そして2018年の3月3日から、東洋医学の素晴らしさ、奥深さをもっと分かち合いたくて、石川橋で小さな(本当に小さい!)治療院を始めることにしました。

小ささとか少なさ、優しさや思いやり。
そういう価値観を大切にした治療院にしたいと思っています。
小さくてベッド一台だけしか入らない治療室は、もしかしたら「狭い」
「きゅうくつ」と思われるかもしれません。

しかしこの小さな空間は、来院してくださる「あなた」のためだけのものです。
なるべく物を少なくしているので、もしかしたら「がらーんとしてる」「寒々しい」と思われるかもしれません。
だけどその「何も無さ」は、きっとあなたを癒してくれるはずです(ぜひそうあってほしい、と思っています)。
小さくても、というより、小さいからこそ、できることがたくさんある。
牡丹という「小さな小さな治療院」で、心からのおもてなしをさせていただきます。

そんな牡丹のある「石川橋(いしかわばし)」はご存知でしょうか?
どの駅からも離れているので(一番最寄りの桜山駅からでも徒歩14分です)、
決して便利なところではないんですが、僕の大好きな場所なんです。
名古屋の方には「桜の名所」として知られていますね。ここの桜がとっても美しいんですよ!

こんなすてきなところで治療院を始められるなんて本当に幸せです。

牡丹では、お一人お一人の心と体に誠実に向き合うこと。
そして、どんな時でも、どんな症状でも、心をこめた丁寧な治療を行うことを、自分自身に誓っています。

もしも牡丹の姿勢、スタイルに共感していただけたなら、ぜひ治療を受けに来院してみてください。必ず全力を尽くします。

院長プロフィール

1972年10月30日生まれ。
石川県の山代温泉で、旅館の息子として産まれる。
立命館大学の経済学部を卒業。

当時日本一厳しいと言われた大手不動産会社で、マンションの営業を経験。
その後、実家の旅館に戻り、実地で商売の基本と「おもてなしの心」を学ぶ。

2005年、中和医療専門学校卒業。
同年、鍼灸師・あんまマッサージ指圧師の国家資格を取得。
名東区の老舗鍼灸接骨院で、
鍼灸・指圧を徹底的に鍛えられ、分院長も経験する。

2009年7月、柔道整復師である弟と一緒に
「はりきゅう整骨サロン コスモス治療院」をオープン

2011年にはケアマネジャー(介護支援専門員)の資格を、
2013年にはNSCA認定パーソナルトレーナーの資格を取得しました。
2017年12月から「気功の先生」として気功の指導も行なっています。
2018年2月にコスモス治療院を離れ、
同年3月に「はり灸マッサージ院 牡丹」をオープン。

姉妹院/コスモス治療院のご案内

[はりきゅう整骨サロン コスモス治療院]

2009年7月、鶴舞線川名駅のすぐ近くで柔道整復師である弟と一緒に
はじめました。厚生労働省の認可を受けた、健康保険適用・年中無休・
予約優先・川名駅徒歩2分・駐車場完備の鍼灸整骨院です。

目の前に広がる川名公園がとても気持ちいいんですよ。

僕も弟も旅館の息子。
父や母から学んだ「旅館のおもてなし」を大切に、
理想の治療院を目指してきました。

健康保険が使える接骨院ですので、捻挫や打撲、ギックリ腰、寝違いといった「急性的な症状」や「スポーツの怪我」、「交通事故の後遺症」の際は一度相談してみてください。

pagetop